パワーストーンイメージ

銀のチェーンとパワーストーンで作った魔除けアクセサリー

シルバー(銀)はゴールド(金)と共に古くから使われた金属ですね。
硬貨として、アクセサリーとして、食器としても。
銀のスプーンやお皿を使って、料理に毒が入っていないかの「検知器」としての役割も古くから伝わっていますし、赤ん坊が生まれたら銀のスプーンをプレゼントする風習もあります。
銀のスプーンをプレゼントするのは「その子が一生食べるのに困らないように」という願いを込めて贈るのだそうです。
もちろんパワーストーンとしての効果も高いのです。
銀は古くから聖なる付きの金属とされてきました。
感情面のバランスを整える働きがあり、アクセサリーなどでほかの石を一緒にするとその石の長所を引き出す効果があるのです。
また、こちらの誕生月のパワーストーンについての記事も参考にご覧ください。
悪霊や悪い気を退け、月のパワーで守ってくれる訳です。
だからシルバーのチェーンをベースにネックレスやブレスレット、イヤリングや指環の土台にも最適です。
私は厄除けに効果が高いとされるパワーストーンと組み合わせてアクセサリーを作って厄除け効果を高めるものを作るのが好きです。
アメシスト(紫)ガーネット(赤紫色)コーラル(サンゴ)ターコイズ(スカイブルー)アクアトルマリン(水色)ジルコニア(透明)ピンクトルマリン(ピンク)ブラッドストーン(赤い血の色)マカライト(緑)・・・これだけでも色にバリエーションがあって、単純にアクセサリーとして選ぶ楽しさもありますね。
私はジルコニアがダイアモンドみたいな透明感がある輝きで好みなのでシルバーのリングにつけて厄除けの指環として身につける機会が多いです。
ちょっと大きめで輝きを放って、華やかにして、周りの人も明るくしてくれるし私だけではなく周りの人の厄も払ってくれるように願いを込めていつも身につけています。
そのおかげで、毎日トラブルもなく幸せな日々を過ごせています。
今度はシルバーのチェーンをベースにアメシストのネックレスを作るつもりです。
アメシストは紫色でちょっとしたパーティーに付けるために作ってみたい。
アメシストの言い伝えによると、「アメシストのグラスで水を飲むと、悪魔が追い払える』と言われているほど魔除けパワーが強い石。
シルバーのチェーンをベースにアメシストを組み合わせたら鬼に金棒じゃないかしら(笑)ちなみにシルバーは水で洗い流したり、塩水(海水)で洗い流す、などの方法で浄化、お手入れをするのですが、パワーストーンを組み合わせた時は、シルバーを浄化するつもりでやったお手入れの方法が、ほかのパワーストーンにダメージを与えないかどうか確認してから行うのがベターです。
大切なパワーストーンのお手入れもきちんとして、恩恵にあずかりましょう。

Copyright(C) 2010 いしのちから.com All Rights Reserved.